株式会社エフ・ウイングは企業様向けシステム構築を専門に行うコンピュータソフトウエアの開発会社です。
長野県長野市栗田1010-1   大成第一ビル 6F
TEL.026-291-3203 FAX:026-291-3204
株式会社エフ・ウイング
株式会社エフ・ウイング

業務内容

弊社では、システム開発を中心に業務を行っています。システム開発とは、お客様のニーズに応じていかに効率のよい仕組みを考え、提案し実現することです。ニーズによって臨機応変に対応する必要がありますが、大きな流れは以下のようになります。

システム開発の流れ

システムのライフサイクルは、一般的に「①要件定義」⇒「②設計」 ⇒ 「③開発」 ⇒ 「④運用・保守」⇒「⑤老朽化等により新システムの構築(新規要望)」⇒「①に戻る」のサイクルとなりますが、弊社では【運用・保守】に携わることがほとんどありません。システム開発の流れは、お客様からの要望から納品まで下記図のようになります。



要件定義 お客様が必要としている要望を整理し、どういうシステムを構築するのか聞き取り/交渉を行い、まとめる。(この段階は「何が」必要なのかを定義する)
外部設計 全体の構成や行うべき処理の詳細など実装に必要な情報を整理し、設計書を作成する。(この段階で「どのように」ということを定義する)
内部設計 要件定義を元に、どのような機能をシステム化すればよいかを整理し、設計書を作成する。
実装 内部設計までで整理された設計書を元に、C#,Javaなどのプログラミング言語で実装する。
単体試験 実装された内容が設計書のとおり正常に動作するかを試験する。
結合試験 複数の機能を通して正常に動作するかを試験する。
システム試験 システム全体として、要件定義の要望を満たしているか、設計どおりのシステムが構築できているかを試験する。

弊社の担当年数における業務、求める能力

1年目~ 実装や単体試験が主になります。どんなことが実装できる/できない/効率が悪いのかを知らないと、実現できない要件定義、設計をしてしまうことになるため、初めは先輩方の設計書を元に実装して、プログラミング能力を高め、プログラマの基礎である技術力を固めていきます。
3年目~ 設計作業や結合試験も行うことになります。それまでのプログラミング能力や見てきた設計書を元に、どのように設計をすれば効率がよいか、どのようなパターンで試験すればよいかなど、技術力と併せて、広い視野をもって問題発見、解決を行っていきます。
5年目~ これまでの経験を元に、要件定義も行うことになります。与えられた情報のみならず、お客様に対して交渉、提案したりと自ら進んでいく能力が必要になります。また、後輩に対しての指示だしやスケジュール管理も行うことにもなります。
全年次共通 コミュニケーション能力はどの年次でも大切です。作業内容の不明点を聞く質問力、自分の意見や思いを伝える発言力、お客様が本当に実現したいことを引き出す会話力などどの年次においても大切で、意識して伸ばしてほしい能力です。